ブログ > イベント > 丸西組様70周年ライブパフォーマンス

新着情報
新着情報を閉じる

イベント 2019.08.31

丸西組様70周年ライブパフォーマンス

 

皆さんこんにちは!書道教室華の石野華鳳です^^

 

先日、石川県小松市にある、株式会社丸西組様の70周年記念式典・祝賀会にて、書道ライブパフォーマンスをさせていただきました。70年の節目にあたり、大いなる意味を込めた二つの文字をご覧いただきました。

 

後ろからみなさんが文字を当てる様子が伝わり、集中しながらも楽しく書かせていただきました!

『繋』『夢』の文字は、敢えて練習やイメージトレーニングをせずに、その瞬間、1番書きたいと思う書風で書くことになりました。特に字体も決めていなかったので、筆が走るままに書きました。まさか、この草冠を書くとは、自分でもびっくり。(結果はとても良かったです。)

床で書くのと違うのは、穂先に重力が加わるということ。ライブパフォーマンスでは、筆を持ち上げた時の一瞬の穂先の向きだったり、開き方を見て書風を決めた方がいい状態で書けるので、最近は練習しません。練習等をしない分、普段から自分の頭の中に、辞書みたいに沢山の字のストックを用意してあります。この形で書こう、ではなく、筆がどう動いても対応できるように用意周到に字を知っておくことが、一番良い。お祝いの瞬間に、生きた書で心を交わすためにも、今はそうなりました^^

 

丸西組様70年の節目に書道パフォーマンスを選んでいただいた際も、表現に拘りたいと思いました。一筆一筆、丁寧に書くことはもちろん、会場中に会長や社長の字に込めた想いが伝わるように書こうと思いました。言葉では伝わりにくい部分を少し補うことができる。それが書の力かもしれません。

これからも私は、『想いを伝えることのできる書』を皆さんに届けたいと思います。

 

丸西組様、大切なお祝いの席にお声掛けいただき、本当にありがとうございました。

 

 

一覧へ戻る

Lesson

初めて書道を
学ぶ方へ

書道教室「華」への入会方法

円山公園駅 5番出口から徒歩3分。
手ぶらで通える大人の為の書道教室です。

マイペースに
深く学ぶ

選べるレッスンプログラム・料金

6名までの少人数制だから、一人ひとりと丁寧に向き合います。筆の持ち方や字の癖など、それぞれに合う内容を丁寧に指導します。貴方の学びたい気持ちに、十分にお応えいたします。

Works

大切な場面に
筆文字を

ロゴ・作品の制作について

直に感じる
書の魅力

イベント・パフォーマンスについて

作品・イベントの依頼

「書作品」「筆文字デザイン」「書道パフォーマンス」
「書道ワークショップ」「美文字マナー講座」
その他、TV・新聞、イベント出演などのご依頼など。
演出などのご相談や作品のご提案も行っておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

Contact & Reserveお問い合わせ・ご予約

コース
  • 華鳳文社事務局へのお問い合わせ
    +石野華鳳への仕事のご依頼

© 株式会社書道オフィス華